龍画のご縁

創業145年老舗鰻屋 日本橋うなぎ喜代川さん

細い路地に、老舗旅館のような雰囲気を漂わせる築90年の日本家屋。 戦前昭和2年(1927年)に建てられた店舗は、2018年に登録有形文化財として登録されています。 店の名は江戸時代からあり、うなぎの修行をしていた初代が日本橋小網町の地で商売を初めたのが明治7年(1874年)。 うなぎはその時季に良質な養殖うなぎを仕入れ、じっくり蒸して備長炭で一枚一枚丁寧に焼き上げます。ふっくらした肉質は口の中でとろけるような味わいです。 5代目の現在「うなぎ文化を継承することが使命」という想いを胸に、伝統的な江戸前うなぎを提供されています。 喜代川の若女将さんから龍画のご注文を頂いたのは、ご縁を頂戴してから間もなくの事でした。大変有難く、最初は軽い気持ちでお受けしたものの、実際にお店に伺うと、明治・大正・昭和の文豪、横綱の手形、等々がお座敷や廊下に飾られている。ここに並ぶのかと思うと、一気に緊張感が高まるのを感じました。若女将さんからのイメージも入れながら、覚悟して描いたのを覚えています。「喜代川乃龍」 納品の際はドキドキしましたが、喜んで頂けてホッとしました。 喜代川さんにお越しの際は、是非ご覧下さい。

創業145年老舗鰻屋 日本橋うなぎ喜代川さん

細い路地に、老舗旅館のような雰囲気を漂わせる築90年の日本家屋 戦前昭和2年(1927年)に建てられた店舗は、2018年に登録有形文化財として登録されています。 店の名は江戸時代からあり、うなぎの修行をしていた初代が日本橋小網町の地で商売を初めたのが明治7年(1874年)。 うなぎはその時季に良質な養殖うなぎを仕入れ、じっくり蒸して備長炭で一枚一枚丁寧に焼き上げます。ふっくらした肉質は口の中でとろけるような味わいです。 5代目の現在「うなぎ文化を継承することが使命」という想いを胸に、伝統的な江戸前うなぎを提供されています